(o'ω'o)(。^∪^)(☆u∂)(* '♡')(o´ω`o)

✨?°˖✧5周年おめでとう✧˖°?✨

So waht? Yolo!感想

 

 

 

サマパラ感想!自分の考察記録用

 

まえがき

去年は飛行機の関係でオーラス入れずだったけど今年は平日からさすがに休み取れずオーラス含む19日20日の4公演でした。交換してくださった方、どこもとてもいい席でありがたかったです。ありがとうございました。

 STAGE魂を通して私なりにグループと向き合ってきた気持ちを整理することができて、出来れば自分なりに松島くんと向き合った5、6年間も振り返りたいなぁと思っていたけど、なかなか気持ちが乗らずサマパラに(-ω-)この公演をきっかけに自分が見てきた松島くんはどういう存在なのか改めて考えたいなと思いつつ、やっぱり無理かも…って思っていたら、むしろ向こうから考えるきっかけをくれました

 

今回の聡マリ公演のテーマは人生

壮大ですね~~~~~~!
聡くんにとっての人生とはジャニーズでSexyZoneなんだとずっと公言していたこともあり、実質そうくんの(ジャニーズ)人生をベースにこのコンサートを構成していると私は考え、

つまりこのコンサートの感想を文字に起こそうとすると、必然的に松島くんがこれまで歩んできた道を振り返ることになるのでした(-ω-)

聡マリちゃんとしても、「この公演をきっかけに自分の人生を振り返ってみたり、好きなように考察してもらえれば」とおっしゃって下さったので…

盛大に考察していきたいと思います😇

この歳になると嫌になる程じぶんの人生のことは考えているので、今まで振り返ったことがなかった自担である松島聡くんについてとか、コンサートを振り返りながらちょいちょい考えてみたいなぁ~と思うよ( ˘ω˘ )

 

 

今回の聡マリ魂テーマ

  まず今回のテーマは「10代の聡マリが伝える人生とは何か」。それを絵本の世界観で表現するストーリー仕立てとなっています(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

コンサートのタイトル、So what? Yolo!は、去年の「Hey So! Hey Yo!~SummerTimeMemory~」に引き続き二人の名前をかけたもので、「だから何?人生は一度きり!」という意味(YOLO=You Only Live Once 「一度きりの人生楽しまなくちゃ」みたいな英語スラングらしい)

 

結論から言うとコンサートの〆は、

失恋を通して学ぶこともある

ライバルと切磋琢磨したり

自分自身をどう表現するか自問自答し

過去を振り返ることで、次のことを考えるきっかけにもなる

人生は楽しいことばかりじゃない、

涙で前が見えなくなるほどつらい時もある。

でもだから何?人生は一度きり!前を向いて歩いていこう!

という気持ちを聡マリは絵本の世界を通して、ファンに伝えてくれたのである。

 

 

 

聡マリ魂の感想と勝手な妄想考察

今回のセットリストがこの画像…で、本当に絵本のページを一つ一つめくるようにメリハリがはっきりとしたセトリだなという第一印象でした

 

f:id:szsocutesogood:20170830150855p:image

 

 わたし個人としては上のイメージで

全部で6ページ(構成)の絵本かな~って思いました。

いっこいっこ振り返ります。

 

まずオープニング。

映像に表示されていた時計の針が動き始めて、物語りが始まります。

 ※映像のイメージ画像

f:id:szsocutesogood:20170831101732j:image

かんわいいオープニング映像が流れ始めたと思ったら、マリたんの英語で物語は進んでいきます…映像と音楽、マリの英語ナレーション効果でディ◎ニーみたいな世界観にワックワク

内容はざっくりこんなん↓

 

 地図には載っていない深い森を抜けたところにある

ハイデルポルポ

マリソウッポリ

ピッポププペッポ

マリソウパポップ村」に

ふたりの男の子、”SOMARI”が住んでいました。

 

”SOMARI"の役割はこの森に迷い込んだ人々に癒しを与えるべく、ひとりひとりの悩みにあった部屋を用意してあげること。

ある日”SOMARI”はキラキラと輝く女の子に想いを伝えに行くために、とんがり山のてっぺんに向かいました。そう、レディーダイヤモンドに想いを伝えに…

 

そして流れるレディダイの

イントロ~~~~!!!!!

 

まだ本人たち出てきてないのに、この時点で

コンセプト!世界観!ハイ!完璧~!!!!!

勝ち~~!!!!でしかなかった(´Д⊂

出てきたら冒険家みたいな小人みたいなファンタジーなクソかわブヒブヒ衣装着てくるわ、胸に縫い付けられてる本が開いたと思ったら、SOMARIの可愛さ無限大気圏自撮り写真出てくるわですでに他界しそうだった……
レディダイ、キャラメルドリーム、セクサマ、ヘイユーは物語(コンサート)の導入部分。
今まで培ってきた聡マリの魅力を最大限に引き出した演出と衣装と曲に、聡マリ魂キタコレをひしひしと感じていました。

 

胸に縫い付けてある扉が開く本は、すげぇ発想だな。好きしかねぇな。と大興奮だったのですが、提案したのは衣装さんとMCで聡くんが教えてくれました。

聡マリらしくていいんじゃないか?と提案してくれたらしく、きっとスタッフさんがそんな風に提案してくれるのも、今まで2人が表現したいことを意思表示してきたからなのだろうと思いました。二人の意見を柔軟に受け止め形にしてくださる良いスタッフさんに恵まれていることに、こちらまで嬉しくなって感動してしまいました。

 

私はここで①としてページを括っているのですが、物語のコンセプトとしては、キラキラの女の子と楽しくデートするようなお話だったのでしょう…曲も片想いのレディダイから初デートっぽいキャラメルドリーム一年中の愛をこめて告白するセクサマ二人の関係を進展したい気持ちが空回ってるヘイユーと続いているストーリーっぽくてすきでした。

聡マリとしては今まで自分たちが培ってきた強み(カワイイ世界観)を最大限に魅せたコーナーだったと思います。まさにようこそ聡マリのコンサートへ!!!っていうご挨拶腹パンみたいな狂人的メルヘンさでした…聡マリの可愛さはいつもHPが削られる

 

そして次のページへ…

マリのソロコーナーに入る前に、聡くんの煽りと、聡ちゃんとジュニアの子が目の前で表現する影絵での物語が始まります

 

ある日の朝、とんがり山の頂上に男の子が、女の子に会いに行きました。
そんな男の子が思い切って女の子に告白すると

二人はめでたくおつきあいすることになりました。
だけど二人の気持ちは徐々に気持ちがすれ違い
あっという間に別れることに
そんな失恋をした彼は、こう言いました。

「はあ、人生において1番の失敗だよ。僕もう、自分自身がよく分からない」

そう深く落ち込む彼

思い悩む彼にある人はこう言いました。

「失恋における挫折は人生を豊かにするための成功の種だ

失敗しないと成功の花は咲かない、決して無駄にしてはいけないんだ」と

みなさんも人生の中でなにか失敗したり、後悔したりして落ち込むこと、ありますよね?

自分自身がなんだろうと深く考えこむことはありませんか?

さて、みなさんを次のページへと招待します。

次の物語はマリウスが自分自身とは何かを探す旅に出るお話です。

どんなストーリーなのか、ページをめくってみましょう。

 

 この聡ちゃんの優しい声のナレーションがJUMP好きだった人ならウオオ!となる薮くんのソロ曲”My Everything”をBGMにして流れるのです。すごく泣きそうだった

このストーリー、マリのソロコーナーに繋がるものにはなっているんだけど、ぶっちゃけマリの思想や想いとは少しずれてんじゃないかなと思ってまして、それは後から触れます。

この影絵の物語は恋愛のストーリーになっているけど、聡くんの歩んできたジャニーズ人生そのものなんじゃないかなって初見から妄想が止まりませんでした。

 

ジャニーズに憧れてめでたくジュニアになることができた聡くん

憧れだった事務所に入れたと思ったら半年でデビューすることができてしまった聡くん

大好きで憧れだったジャニーズとしてデビューできて、たくさんのファンの人たちを幸せな気持ちにしたい!という思いが強かったのに

どんどんグループの形が変化してファンとの気持ちは離れていくばかりで

自分の想いとは裏腹に自分のファンを悲しませることばかりで

ジャニーズの松島聡としてどうあるべきか分からなくなった時がきっとあって…

だけどそんなときに、失敗や挫折、壁はこの先アイドルとして成長していくための種。壁を乗り越えないと成功の花は咲かない。一つ一つの経験を無駄にしちゃいけない。

そんなふうに助言してくれたり、支えてくれる人が近くにいてくれたんだろうな~みたいな。

 

デビュー当時の聡くんってほんとうにキラキラ生き生きしていて、向上心が強くて、怖い物知らずって感じで、グループのセンターに「0番を譲ってくれ!」って本気で言っちゃうような子で、いまでももちろん輝いてるし向上心あるし色んな意味で怖い物知らずなのは変わらないんだけど、当時はほんとに真っ白、純粋、無垢って感じだった。何にも染まっていない目がキラキラした子供そのもの。

編成があってから私は現場に行くことはなくて、3:2で分裂されている雑誌やテレビを追うだけで精一杯だったんだけど、

SexyZoneが5人で再始動を始めて、カラアイのファンミーティングで松島くんに2年ぶりに会ったときは、この数年でいろんなことと向き合ってきたんだろうって思わせる真っすぐな力強い目をしてて、あの時はそれだけで聡くんにとって無駄な時間ではなかったんだってやっとSexy松としての松島聡くんを受け止めることができた気がしたことを思い出した。

 

SexyZoneじゃない松島くんをみることが辛くてつらくて、自分が傷つかない程度にSexy松としての聡くんを追ってくことしかできなかったんだけど、雑誌読んでたら松松の2人との活動は聡くんにとってとても有意義な時間だったんだなって感じ取ることができたし、あの時期、聡くんがいったいどんなことを考えて、どんな悩みを抱えて頑張っていたのかはわからないけど、自分自身がよくわからなくなってしまうほど、マリがいなかったら腐ってたかもしれないって思っちゃうほど壁にぶつかったときに、きっとこの影絵のストーリーのように支えてくれる仲間や先輩が周りにいてくれたから乗り越えることができたんだね…ってなんとなく勝手に確信して嬉しかった。聡くんはアドバイスをもらったこととかは積極的に教えてくれたりするけど、悩み本題のことはあんまり触れたりしないから、こちらも深くは考えたりしたことがなかった分とても感慨深かったです。

 

 

そんでもってマリちゃんのソロコーナーについて

「マリウスが自分自身を探す旅に出るお話です」っていう聡くんのナレーションでソロコーナーが始まるんだけど、聡ちゃんが自分自身を探すっていうのはすごくイメージが付くけど、マリちゃんっていつでも自分の芯を持っている人っていうイメージがあったからジャニーズのマリウス葉が自分自身を探す物語りというのは私の中ではけっこう違和感だった

(演出を否定してるわけじゃなくて一つのとらえ方です)

セクゾの編成の時も、マリ自身は自分を最大限に表現できるチャンスと考えていて、悲しむファンをみて、そんなに悲しいことなの?って気持ちのギャップに疑問を抱いていたみたいだし、なんなら5人に戻るときに「またふまけん中心のグループになるのかな」って自分の表現の場が減ることに対して不安を抱いてたくらいだし、そもそもジャニーズに入所してデビューが決まったときから、たったの11歳で日本のみなさんを笑顔にする力になりたいって強い気持ちを持ってドイツから移住してくれた経緯もあるしね。そうとう自分の信念みたいなのを幼い時から大事にしているタイプだと思うのよね。

ソロコーナーでは、そばにいるよを英語で作詞してくれて、その英語詞を和訳したものもスクリーンに流れていたんだけど、

 

自分自身のままでいられないとき

あなたのことを心から愛している

私のような人が常にいる

星が見えないときは自分が星になればいい

自分自身を引き離さないで

あなたはあなたのままでいて

私は私のままでいる

 

マリちゃん自身が悩んで体験したことなのかもしれないけど、この言葉ってマリが迷走時期の(と思われる)聡くんにずっと言ってくれてた言葉に近いイメージもすごくあって、ずっとマリの中で変わらない言葉なんじゃないかと……どちらかというと大切な人やファンへのメッセージみたいな印象がとても強い。たくさんの人が笑顔でいられる力になりたいというマリちゃんの変わらない信念が表れてるなぁって思ったのでした。

このあとウェルパラ、ワンガール、ダンケシェーンと続いて、ここまでで絵本のページ②として私はくくっているんだけど、上記のこともあって、このページはマリ自身が自分自身を探す旅というよりは、マリちゃんのデビューからの変わらない自分の思想を、ファンへ伝えてくれているメッセージ性が込められたページだなぁっと感じたわけです。

 

ウェルパラは、いつも君の傍にいるのになかなか自分の気持ちに気が付いてもらえない恋愛ソングだけど、ファンへのメッセージという風に変換して考えると、

編成期、自分もグループとしても前向きにとらえて個々で精一杯活動していたにも関わらず、デビュー当時と変わらぬ気持ちでお仕事をしているにも関わらず、その気持ちを汲んでもらえず、ファンはずっと悲しんでいる。そんな距離がもどかしいメンバーとファンの気持ちのすれ違いとも読み取れる。

 

ワンガールは全英語の人類のキセキ様の曲になるんですが、歌詞の和訳を調べてみたらこの曲ってP様がファンに宛てた曲みたいで、大まかに訳すと、僕の隣にいるのが君じゃなくても、ずっと君のことを思っているよという歌詞らしい。

知恵袋にいい感じのあったので貼っておきます…

なかなかすごい曲だなと思いました。ぴー様すごい………

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1062577455

 

すっごいかっこいい曲でぱっと見チャライ感じの曲なんだけど、和訳やP様の意図を知ると、マリの思想と通ずるものがあって、きっと物理的に近くにいることはできないけど心はいつもファンのことを思っているよというマリちゃんからのメッセージなんだろうと思った。

あとこの曲は、今回の聡マリ魂の裏テーマ「GAP」も含まれているよね。マリちゃん個人がかっこいい色気ある曲やダンスって披露したことがなかったと思うから、すっごく新鮮だったし、ありでしかなかった。マリが売れる未来しか感じなかった。

 そして最後にみんな大好きダンケシェーン!!!!!(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

ワンガールを超絶かっこよくキメこんだ瞬間、風船持ったかわいいチビジュたちがワ~~~!!!!ってメインステージにたくさん走ってくる(笑)かっこよくキメこんでたマリウス様は苦笑いで「ハハッ…ィ、イエ~イ…(;^ω^)ノ」とチビジュちゃん達とハイタッチをします。

↑これめっちゃ海外の笑いって感じだった!!!

 ジュニアの子とウェイウェイウェイウェ~~~~イってハンドシェイクをして、(ジュニアの子がなかなかうまく出来てなくてめっちゃカワイイ)ハート型の大きい風船に顔をはめながら「ダンケシェーン!!♡♡♡」っと笑顔いっぱいで曲が流れるのです…

 この曲はもうなんも言わんでもいいくらいとにかくマリちゃんのありがとうが詰まった最高の曲で、いつも通りのカワイイ天使マリたんでファンにたくさんのありがとうを伝えてこの物語のページは終わるのでした(;O;)♡

ありがとうはこっちだよマリちゃん…人間界のしかも日本という国に来てジャニーズに入ってくれてありがとう……ダンケシェーン…(号泣)

 

 

次はマリちゃんの着替え時間で、2011年から2017年のコンサート映像が流れます(´・ω・`)エモイ…エモイがすぎるよ聡ちゃん……

 

映像が終わると元祖ふまけんの代表曲「GAME」のイントロが流れ出すのです。

ハッキリいって天才か?(´◉◞౪◟◉)ちょっとキレそう

この絵本のページは紛れもなく進化し続ける聡マリを見さらせだった

コンサートの世界観的には、なんだろうね。誰かと切磋琢磨して悔しい思いをしたり、一緒に乗り越えていったり、楽しんだりするような人生の1ページの表現になるんですかね。

GAMEを歌う前に今までのコンサート映像を見せられたもんだから、この6年間、聡マリはシンメとして、そして一番のライバルだと思って仕事をしてきたんだぜっていうメッセージを再確認することになってしまい、さらには、この6年でこんな聡マリも魅せられるようになったんだぜって、まさに聡くんが大事にしていた裏テーマ「GAP」の連続連続連続だった。

GAMEはあの世界観を保ちつつ(!みたいな世界観)だけどふまけんとはまた違う、聡マリが表現するGAMEになっててすごい好きだった。ふまけんがGAMEをゴリゴリに披露してた頃は、シンメ厨絶対殺すマンみたいな攻め攻めのイメージがあったけど、聡マリのGAMEはダンスも歌い方もどこか品があって(多分マリ様の属性スキル)どこか切なくて哀愁があるような、それでいて力強い感じがしてよかったなぁ~!

聡マリがGAME歌ってるだけでひええ~(+_+)なのに終わった瞬間次は、ドS国王が座るみたいな椅子座ってPerfect Portionがァァァッ!!!!!!!

PPはねぇ~~~~~正直聡ちゃんよりマリちゃんに釘付けになってしまった……色気がひどい。お願いだから若いセクガルのためにR18指定して…セクガル一生好きな人できなくなる…しか考えてなかった。聡ちゃんはいつも通りの(いい意味で)ダンスかっこいいね~腰ふってるね~みたいな感じだった(笑)

マリはラジオで今まで恥ずかしかったけど、吹っ切れて腰ふるダンスができるようになった!と言っていた通り、どんどんダンスに色気が出てきて、さらにビジュアルがリアル王子様で、表情の作り方も表現豊かで、もうめっちゃ課金したかった。すすきのにあるストリップポールダンスバー行った時みたいにお札ステージに投げたかった。顔面だけで定価以上の価値あり。チケット6700円って安すぎじゃない?ってめっちゃ心配になってた

 

そしてパリマニ。これウエストが少クラで歌ってるときはウエストこういうカッコいい曲と面白い曲の幅広くていいなぁ~。くらいにしか思ってなかったんだけど、聡マリちゃんがこんなに自分たちの物にできるか?!ってくらいこの曲でコンサートの前半戦を盛り上げてきて、とんでもなく大好きになってしまった。聡マリが歌うには意外すぎる曲で、2人の進化を感じずにはいられなかった。

いつまでもカワイイ尊いだけのマリじゃないよ?

って何度も溝内にグーパン決められてる衝撃だった。この曲のチョイスほんとに全部2人が考えてんの?こええよ…こええよぉ…

ワンガールといい、英語詞が多いかっこいいジャニーズ曲は全部マリちゃんにあげていいのでは???と思うくらい似合ってた。

 

 次が私的4ページ目

ジャニヲタならセトリみただけでお分かりいただけるだろうが、THE王道ジャニーズ夏ソング!物語としては夏の恋、青春!みたいな感じですかね?

まずパリマニの途中で捌けた聡くんが女子ドルみたいな雰囲気でソロ新曲「Mermaid」を披露です((((oノ´3`)ノ♡

ファンの子をマーメイドだと表現して作った歌詞みたいなのですが、聡くんの衣装にうろこを表現するかのようなカワイイ青色のスパンコールで出来たフリルがついていたので、マーメイドは確実に松島くんのことでした( ˘ω˘ )スヤァ…

松島くんがマーメイドなら、私は松島くんが心の底から自由に楽しく泳げるような心の広い穏やかな海になりたい。。

 

去年のブレマイとはまたガラっと雰囲気が変わった王道ジャニーズラブソングって感じの曲調でとっても私はすきでした!(^ω^)聡くんもこういうジャニーズらしい曲すきなんだろうな~!ってうれしくなった!はやくCDでききたいよ~!!!!!振付のMがカワイイ

そのあと、イオンで買えちゃいそうなカワイイ浴衣をきてマリちゃんが登場~!聡ちゃんもすぐにマリと柄違いおそろ浴衣に着替えて登場~!これ、お互いに帯交換していると特定班さんが突き止めてて、聡マリ~🙏ってなった

 

お姉サマー、サマー上々、ホッサマー、ぜんぶ簡単にできる振りがあって、すごく楽しくてサマパラ!夏魂!を全力で感じるこのページはとても大好きでした~!( ;∀;)♡(結局全部のページすき)前半戦の締めくくりに最高セットリストでしたね…聡マリちゃんすごいよ…ここまでセトリ完璧すぎてあっという間だったよ……(;ω:)STAGEの感覚再来した……冷静になる瞬間を与えない(;ω:)

 

ここでMCになるんだけど、とにかく終始そうまりワールド全快だった

そうまり魂のいいところって、聡マリもファンも愛に溢れまくってる空間というか空気感というか…だれかをディスるみたいなのがなくて…聡マリがお互いの欠点を言うことすらじゃれ合い、なれ合いみたいな感じで、お互いがお互いのことネタにして笑いを取ったあとはいちいち「嘘だよ♡」って言っちゃうところとか…あぁ優しい世界…って感じだし、聡くんとマリとファンの言いたいこと、主訴が全部ずれててもそれでもいっか~ってほわわぁ~と話しが淡々と進んでいく感じとか笑

とにかく優しいハートフルな世界で、心の闇とか一瞬で浄化されるから、心が病んでる社畜たちのために定期的に聡マリ魂を開いてほしい…あの空気感は聡マリならではだよねぇ…醍醐味

あとオーラスのMCで自担の「お仕事がんばってぇ~♡」ボイスをゲットだぜ!!!!!できたのがやばかった。めっちゃ脳内再生してる。ありがとう。ありがとう。リープリン(聡マリファンの愛称)の2人の天然発言は何も言わずに見守るけど、「学生だけじゃなくて社会人も応援して!」とかアンコールの団結力とか、言うところは言うみたいな気質すきです。

 

そして後半戦!

聡くんのソロコーナーから始まります!!!!!

この物語のページは誰もが経験する思春期の表現でしょう。

第二次性徴期特有の「自分とは」「なにがしたいのか」みたいな精神的な成長の部分になるのかな

 

聡くんの好きな和演出でジュニアが赤い傘持って出てきた瞬間これKAGUYAだなってわかったんだけど、イントロが流れる前にアーアアーってジャニーズがよく和演出に使うような音楽流れて(ディスってないよ)、スクリーンに超明朝体っぽい文字の文章が流れるんだけど、

これが松島くんが6年間で向き合ってきたことなんだ!!

って教えてくれるような文章で、すっごいメモしたかった。

まぁ誰かヲタクがメモしとるやろって思ってしなかったんだけどさあああああああ!!!!!!!誰もメモしてねぇはスクリーンの文章に触れてないわ

ええええええうっそおおおおおおおおおおん!!?!?!状態でかなりつらまろです。

 

サマパラから3週間もたってしまった脳みそを振り絞ってお伝えする内容のニュアンスは、

 

ある男は自分がいったい何者なのか、

どうあるべきなのか分からず暗闇をさまよっていた

ある時、光が刺すほうへ歩き始めると

視界がひらけ、ひとつの鏡に自分の姿が映し出されていた

男は映し出された姿そのものが答えなのかもしれないと思った

 

こんな感じだった。

これ、なんで誰も触れてないの(;ω:)?

えーーーーめっちゃこれ聡くんじゃぁあぁん

マリや風磨くん始めメンバーみんなが「松島はそのままでいいんじゃない?」って言ってくれてる中、「でもファンの子はすぐ飽きちゃうでしょ?」って、ずっとかわいいとかっこいい自分どっちがいいんだろう。とかキャラが迷走してメンバー(とくに風磨くん)に突っ込まれてた聡くんが、そのままの自分でいいんだ!って自分で気が付いてくれてたんだね~!そしてそれをコンサートで表現してファンに教えてくれてるんだ~!激アツ~~~!!!!ってなるじゃーん!なるじゃーん!!!うわーーーんわーーーん

いつごろありのままの自分でいればいいと気が付いたのかはわかりませんが、去年のサマパラも含め、今まで聡くん自身が魅了されてきたジャニーズの世界観をそのまま自分も表現してファンの子を魅了していきたい!みたいな気持ちが伝わってくるようなジャニヲタ大満足セトリを組めるのもそんな過程があったからなのかなと思い胸が熱くなったのでした🙏

 

そんなありのままでいいんだと気が付いた聡ちゃんが表現してくれるソロコーナーは、KAGUYA、ハリーアップ、ゴースト、ブレマイと続くのですが、いやぁ~~~~~~~

松島くんがカラオケで歌いたい曲をコンサート会場で盛大に気持ちよく披露してくれている感満載のセトリで嬉しくなっちゃうよね!!(大声)

きっとソロ魂(ふまけんしょり)行ったヲタクはこんな感覚なんだろうなと身に染みた。今までも割とやりたい曲をソロコーナーの機会があればしてたと思うけど、なんとなく「俺がこの曲やったらファンの子喜んでくれるかな?」みたいな考えが一切感じられない松島くんがただただやりたい曲!感がとても感じられる今回の選曲が好きなんですよ…(本人の真意は知らない)

 

マリちゃんも言っていたけど、聡くん=和、ダンスナンバーみたいなイメージがつくくらい同じ感じの曲調の歌を披露してたりするんだけど、ちゃんと見せ方を変えてくれるから毎回違う一面の聡ちゃんが見れられて嬉しい( ˘ω˘ )♡

今回、KAGUYAもハリーアップもガンガンいつも通り踊りまくるのかと思えば、聡くんには新鮮なスローテンポの優雅で艶のあるダンスだったりして、こういうダンスも踊れるようになったんだなぁ。いいなぁ。ってこう弟の成長に胸がキューンとなっておりました。

衣装が昔コンサートで着ていた青い着物をリメイクしたもので、去年のチコリータ衣装の復刻といい、過去の衣装も大事に生かす聡くんが完全にジャニヲタ脳で信頼しかない(;ω;)でした

KAGUYAに大興奮な松島ヲタはもちろん多いですが、多分、刀剣乱舞とか歴史ものの二次作品好きな人もあの衣装めっちゃ好きなんじゃないでしょうか…私はなんか聡くんフォトジェニックなポニテの飾りつけとるなぁ…蜷〇実花がつけがちなアクセっぽいなぁ…くらいにしか思わなかったので、そんなに性癖にはまらなかったのでしょう笑(蜷〇実花がそこまでタイプじゃないのですぅ…) 

ハリーアップはJUMPファンとしてとてもうれしい選曲だったのですが、去年のイエスとバンスが映像に残らなかったショックがまたぶり返してしまい、一瞬イエス島くんロスになってしまった。。。いまからでも映像がほしい…喉から手が出るほどほしい……本家よりすきだったの………あっ…ペットショップラブモーション…略してペトラとか…次回コンビ魂の機会があれば…いかがでしょうか……あ、あの…お金なら…出すから…聡マリのペトラ…ウッ(吐血)

 

ゴースト、ブレマイでモンジャラ衣装~~~ゴーストは1回一人で歌ってみたかったんだろうなぁ~って感じ(笑)わかる。私もゴーストめっちゃ好きだもん。ブレマイは今までにない余裕さが表れててすごくよかったなぁ~イントロ前の殻がパリーンって効果音がなったときに髪くしゃくしゃしてニヤっとするのおお~(゜_゜)でたサイコパス顔。ってなりました

 

ブレマイが終わるとマリ様のソロ新曲、Déjà Vuが流れます…!!ジャニーズにいるのもったいない!!ってくらい海外アーティストの風格表れてまして、も~~~~~ダンケシェーンとのふり幅が怖い!!!!!Déjà Vuのサビポーズは指でVを作る振りつけで、松島くんのソロ新曲マーメイドと全然対照的な曲なのに、指で文字つくる振り一緒なんだ~っと思ってシンメ~シンメ~🙏ってなりました マリちゃんの作る世界観ほんと好きだな~って前から思ってたし多分セクガルみんな考えてたと思うけど、伸びしろが半端ないって改めて胸に刻んだ!!!

 

 そして次、私が考える絵本構成、最後の6ページ目

ここからはSexyZoneの松島聡マリウス葉の成長記録だと感じた。

最初にこのコンサートで聡マリが伝えたかった結論を書きましたが、その一つに

過去を振り返ることで次のことを考えるきっかけになる

というようなナレーションが流れるんですね。

それを踏まえたうえで思ったことを書きますと、

 

まずここのページのセトリがイフワナ、ノクノク、風をきってと初期セクゾを知ってる人はみんなエモさが大爆発するラインナップとなっていて、それだけで大拍手を送りたいくらいなのですが、聡マリの演出がほんとに天才だなと思ったのは、誰が見ても勝利健人風磨を思わせる白衣装にメンバーカラーのストールを身にまとったジュニア3人をバックにして、この曲を披露したことです。

当時使用していたヲタの印象に残っている小物(風をきってのぷいきゅあハート武器5人分)の登場に、デビューした頃のグループと2人を思わせる演出が完璧に出来上がっています。

2人がなんでこんな演出を考えたのかなって思うと、ファンにSexyZoneとして歩んできた二人の過去この物語の1ページ目から5ページ目までを観たうえで今一度振り返ってもらうためなんじゃないかと思ったのです。

そのあとに続くセトリはトラフィックジャム、雨だって、ドンセク、この手をつなごう。とセクボ、セク松の曲が続くのですが、その時にはもうバックについていた勝利、健人、風磨の姿はないのです。この流れ、かなり意図的に組まれていると思ったのは私だけですか(´・ω・`)?

 

聡マリ担をしていると避けて通れないのがこの個々に活動をしていた時期のこと(*_*)

STAGE魂をはじめこの時期のことはたくさんメンバー全員でファンに想いを伝えてくれてたよね

風磨くんが言ってた、可哀想とか同情してくれる人がたくさんいたけど、それぞれ与えられた場所で頑張っているやつは可哀想かな?っていう言葉、私もまさにそう思うのだけど、

具体的な言葉でこの時期のことを聡マリ自体はコンサートで触れることはなかったじゃない?当事者が言うのは色々デリケートすぎるのかもだし、どれだけメンバーが「美化しなくていい、だけどあの時間があったから今があるんだ」「これからみんなのことを絶対に幸せする」と声を届けたところで今でもあの体制のことを敏感に引きずってる人はいるのが現状だし…きっと聡マリもその現状を分かっているんだと思う。悲しいけど。

だからこそ聡マリはこのコンサートでファンに自分たちは過去も現在も変わらず与えられた場所で精一杯向き合って成長してきたこと、今はただ前を向いて進んでいる途中なんだってことを言葉ではなくコンサートでファンに肌で感じて欲しかったんじゃないだろうか?と思ったのです( ; ; )

 

そして再び5人曲、スキすぎてでファンに愛を伝え、5人の再始動曲の一つメイクバイデイでコンサートは一度終わります。

メイクバイデイとか一見盛り上げ曲要因っぽく思えるんだけど、こんな感じで超絶深読みをしたら「恋にはまだ慣れずに愛にはもっと遠くて」「自分探し中」「ライバルが誰だってかまわない、全力」とけっこう歌詞が今回の聡マリ魂のテーマとマッチしているところがあったり、

「迷うことなく俺を信じていいさ、後悔はさせない」「デンジャラスな時代へと生まれちゃったけど、君は俺が守っていくよ」「好きになれ」ってSTAGE魂を思い出させるような言葉も入っていたり……まあこれこそほんとただの深読みだけどwwwww

イフワナ→メイクバイデイまでのセトリの流れがこの5、6年間の聡マリを再現してるな~と私は思ったわけです。

そんな感じでメイクバイデイを歌い終えたあとに聡マリ魂のまとめ、過去を振り返ることで次のことを考えるきっかけになる。人生は楽しいことばかりじゃない!でもだから何?人生は一度きり!たのしもうよ!とマリちゃんの英語ナレーションが流れるのです。

デビューしてから聡マリもファンもいろいろ頑張ってきたけど、全て無駄じゃない!少なくとも僕たちの成長の糧になっていたんだよ!!僕たちとこの6年を振り返って分かったでしょ??だから前を向いて進んでいこう!人生は一度きりだ!!!っていうSexyZoneとしての聡マリからのメッセージが込められたコンサートだったんじゃないかなぁ~とセクババは思ったのでした。

 

そしてアンコールのスイガル

去年のサマパラのオープニングと全く一緒の衣装、演出のおかげで、逆に私は全然違うものを観ているように見えた。アイドルとして一回り、二回り、それ以上に聡マリが大きくなって輝いているように見えて、1ページ目から6ページ目までを通して僕たちのことどう思った?去年よりもずっとずっと成長してるでしょ?って聡マリに言われてるみたいだった。まったく同じ演出でもやりようによって、こんなに新鮮な気持ちで魅せることもできるんだって勉強にもなった(わたしは生かす場面ないけどw)

 

さいごに

全てのセトリ感想考察を通して聡マリはこんな意図ぜんぜんミジンコも考えてないかもしれない。だけど、一人のファンにここまで考察させてくれるような素晴らしいメッセージ性のあるコンサートを作りあげてくれたことに驚きとトキメキと感動が止まらなかった…!!!

聡マリとセクシーゾーンの成長はこれからで、どこまで続くんだろうって今は希望しか見えません(*´ω`*)このサマパラ公演に入れたことを嬉しく誇らしく思います。

 

聡マリちゃんの言葉に甘えて好き勝手考察をしてきたけど、とにかく純粋に考察なんかしなくても頭空っぽにして観てもすご~~~く!たのしいコンサートでした!!

 

ここ最近、STAGE魂や聡マリが作ったコンサートを否定するかのような出来事が多すぎて、正直わたしはシュンとしてます…😔

聡マリファンは2人の気持ちを汲んで少し落ち着いて物事を見守って頂きたいな…気持ちは分かるけど、あの絶望的な時期からメンバーが心を込めてここまで立て直してくれたのに、2人が大事にしてるのはなによりもファンの笑顔なのに😔聡マリが前を向いてどんどん成長してる中でファンが引きずって聡マリの想いを踏みにじってどうすんだ😔

 

今はきっと来るべき時を待つ時期なんだとわたしは思ってSexyZoneと聡マリのことを見守り続けたいと思います( ;∀;)💕少しはメンバーを信用しましょうね

 

聡くんのことを好きになって応援しようと決めてから約6年間。正直とても苦しくて、悔しくて、悲しい想いを何度もしてきたし、もうこのまま諦めるしかないのか、離れるしかないのか、いい歳した大人が本気で何度も悩んでいました。だけど聡くんの笑顔をみるたび、聡くんの前向きな言葉を聞くたびに、聡くんに会うたびに、毎回わたしは松島聡のファンになれてよかったと思うのです。

聡くんがSexy松として頑張っていた時期、私も心から全然応援することができなかったファンの一人で、いつ離れてもおかしくない状況だったけど、聡くんが雑誌やテレビでいつも笑顔でいてくれたから、現状を前向きに捉えてファンに成長したところや改善していくことを常に伝えてくれていたから、だから私はギリギリのところで松島聡を諦めることをとどまることができたのです。

STAGE魂のオーラスであの日以来初めてファンの前で流した聡くんの涙をみて、私は心底感謝しました。きっとSexy松の松島聡として活動しているときに聡くんの涙をみることになっていたら、それがどんな涙であろうが私含めて、たくさんのファンは耐え切れなかったと思うから。聡マリがファンを想って涙を見せないように、笑顔だけを届けるように振舞ってくれていたのだとしたら、ほんとに頭があがりません😔今だってこうやってコンサートでファンに前を向かせるような演出を考えてくれてさ

 

いまは2人のおかげで心から自信を持って諦めなくてよかった!セクシーゾーンのファンで!聡マリのファンで幸せです!!って言えるよ(´;ω;`)

みなさんが僕たちにとっての人生です。一生ついてきてください!って聡ちゃんに言われてしまったので、私なりに松島聡に生涯捧げたいと思います。

 

まだまだ言いたいことはたくさんあるんだけど、安定に長くなりすぎたのでまた機会があれば(-ω-)/w

とにかく今年のサマパラ聡マリ公演も最高でした。そうまりちゃんは私のリープリン~~~~~!!!!!!!

セクシーサンキュー!!!!

 

 

 

ここっ!からっ!はじっ!まるっ!SexyZone〜



前書き


2017年5月7日、SexyZoneとファンで創り上げたSTAGEツアーの最終日を迎えました(;O;)オーラスがすごすきてセクババはいまだにふあふあしています…

初日の名古屋から最終日の横浜を通して、デビューから今まであった色んな気持ちが溢れてきて、彼らの想いや意志もバシバシ伝わってきて、いったい何を軸にまとめたらいいかもわからない状況なんだけど、これは一度長文に感情を整理してずっと記憶しておかなければならないと自らの強迫概念がすごいので、私なりに彼らと向き合った5年間とこれからについてつらつらと頑張ってまとめたい。まとめる。

ということで、今回のコンサートのセトリごとの感想と、今回のツアーから考えたSexyZoneについてを分けて書くことにした〜〜(-ω-)/

セトリのやつはまじでその時の自分のテンションを書き溜めたただのメモ帳でしかない。

以下の文はもう軽い宗教みたいなもんです。。

sexy教にみんな入会しよう!

 

 

本題

今回のツアー内容についてとこれからのSexyZone

 

まず私が今回のツアーで1番ビリビリしたのが、今までの過去を振り返るというよりは、ファンに未来を向かせてくれる内容だったこと。

しんみりと振り返るわけではない、いつだって彼らは「常に未来を向いて歩んできた」ことを公言していた。そして今回のツアーはそれを形にしてファンに知らしめるような演出の連続だった。びっくらこいた。花道の一切ないジャニーズのコンサートは生まれて初めてで、やっぱりファンサ狙いのファンが多いグループとしてどうなってしまうのか最初は不安でドキドキした(-ω-)今までにないコンサートだとさんざんラジオやら雑誌やらで煽っていたからそうとう自信あるんだろうなと思っていたけど、ほんとに想像以上の以上の移乗だった。

ほとんどがメインステージの演出になるから、メンステから席が遠いファンが置いてけぼりになってしまうことが一番怖かったんだけど、いちいちファンのドツボをついてくる演出、去年のコンサートからつかみ始めてきたSexyZoneらしさを固めて固めて創り出して、ひとつひとつの演出が楽しくて、ドキドキして、セクシーゾーン初見の人も楽しく見れて、ヲタクに対しては、今まで見てきたからこそ感じ取れる要所要所のメッセージ性があって、想像力や妄想を掻き立てる仕掛けがたーーーーくさんあって、まさに演出がファンサ状態(´◉◞౪◟◉)!!

あの花道での移動がほとんどない、造りこまれた演出たちが映像化されるのが待ち遠しくて仕方ない。ほっとんどメインステージだから、いろんな事情でコンサートに行けない人たちも会場にいた人とほとんど変わらない状態?目線?でコンサートを見れるんじゃないかなって思ってる(゜_゜)

 

風磨くんが下手したら聞き取れないくらい甲高い声で

「盛り上がるのに席なんて関係ねぇんだからな!!!!」

とオーラスでファンのことを煽りまくっていた景色が忘れられない。

それは私が今までファンサありきの現場ばかり行っていたこともあると思う。ファンサがもらえそうにない席や現場はただ見るだけっていう概念が染みついていた自分にとって革命的な言葉だった。だから私は初日の公演が終わった瞬間、「ジャニーズのコンサートの概念が変わった」と散々各所にぶちまけていたのだと思う。

SexyZoneプレゼンツのSTAGEツアーは、ファンと一緒に創り上げるコンサート。その要となるのが、演出の中心となった風磨くんがめちゃめちゃにこだわっていた「ファンの子も歌ってほしい」であったと思う。

“場所なんて関係なく盛り上がる”の大きなポイントの一つとして考えていたと思われるんだけど、これに関しては初日からオーラスにかけて素敵な経過をたどって完成されていったのではないかと思う( ;∀;)今まで歌うっていう文化がなかった(それどころでもなかった)セクガルだったので初日はやっぱりまばらなところがあったけど、(まだ音源発売されてないのもあったけど)横アリではもうすっかりファンとメンバーの気持ちが一つになっているような感じで!席によってどうしても変わってしまうコンサートの楽しい瞬間の差を、演出やファンとメンバーみんなで参加することで縮めたいという思いが感じられた。

そしてラジオで「歌ってほしい」をアピールする際に、歌いたくない子の気持ちも配慮したコメントを欠かしてないのもさすがだなと思いました。今後これが文化として根付いていくのかがひとつの見物という感じ。

わたしは名古屋札幌オーラスしか入ってないけど、ほんとにどの席でも楽しかった。一つ一つの演出に拘りがあったから、セトリの感想を書くとき大変だった。ほとんどの曲に思い入れがありすぎて文書が長くなることなること…( ;∀;)「場所関係なしにファンを笑顔にしたい。」がこれからの彼らの軸になっていくんだな〜と胸が熱くなりました(T_T)

 

彼らは常に高みを目指している。ファンの想像を軽々しく超えてくる演出を出してくるあのコンサートを目の当たりにして「ついて来いよ!」「振り落とされるなよ!」って言われているみたいだった。そして終盤の挨拶では1人1人が口にだして「いろんな景色を見せます。絶対に幸せにする自信がある。だから着いてきてほしい。」と言うのである。

わたしは普段「絶対」なんて言葉は信用できないし、仕事となれば余計に、保障できない「絶対」という言葉は使えないし使わないように気を付けている。だけど真っすぐな目で彼らに言われた「絶対に幸せにする自信がある」という言葉は不安ながらも信じたい。信じてみたい。という気持ちにさせられた。この先起こりうるであろう様々なことでファンがどう捉えるかはファン自身が決めることであるのは普段から色んな人の立場に立って言葉を選ぶ彼らだからこそ、分かりきっているだろう。それを踏まえたうえで「10周年、20周年、もっと先までみんなのことをずっと幸せにしていく自信があります。絶対に幸せにします」という言葉を5人全員がそれぞれの言葉で発したことにセクババは感動したのである。

彼らの言う「幸せ」とは、きっとどのアイドルも共通している目的の一つ。「ファンの日常生活に笑顔を添える」ことなんだと思う。普段の生活をもっと楽しく、面白くないことやちょっと辛いことがあっても、セクシーゾーンを見ることでその瞬間だけでも元気になれる。っていう当たり前のアイドル像なのではないかと思っていて…。他に「幸せ」に当てはまるものがあれば是非教えてもらいたいんだけど…

どんな状況でも全力でアイドルをしてきた5人だから、ただファンと楽しい時間を過ごしたいだけなのに、それすらも困難だった時間があったから、いつも会場にいる人だけじゃなくて来れない人のことも考えている彼らだからこそ、どこにいても楽しんでもらいたい、幸せを感じてもらいたい。という気持ちがより一層強いんだろうと思った。

 

メンバーがバラバラになって、瀕死状態になりながらグループから手を離さないのがやっとだった私は、いつの間にかグループの勢いに振りおとされないように必死にしがみついている状況に変わっていた。気が付いたら全然違う状況に立たされていた。

彼らが目指すテッペンは私から見たら果てしないものなんだろう。グループだけにとどまらず、ジャニーズという日本が誇ってもいいであろう一つの文化とどのように向き合い、この先の歴史にどう名を刻んでいくか。もうそういうマクロ視点での話になってくるんだろうなと思う。

 

もし、ほんとうにセクシーゾーンが目指している道を歩むことができたなら…グループが、そしてメンバー個人が大きく羽ばたくということがどういうことかを具体的に学ぶことができた私は、なんとなくこの先予想される出来事がいくつか想像ができる。

急速に人気が出ることによるファン層の変化

ファンの意識の変化

それに伴うメンバーの意識の変化

メディアでの待遇の変化

コンサートの異常な倍率

商品の需要と供給の崩れ

 

いま考えられるものだけでこれだけある。もっともっと想像もしたくない変化があるかもしれない。きっとその時が来たら私は懲りずに苦しむんだと思う。いろいろいろいろモヤモヤするんだと思う。(本当に年齢的にババァになってて落ち着いてるかもしれないけど)

だからこそ今この瞬間の気持ちを忘れたくなくて書き留めてる。

メンバーもファンも時間とともに成長や変化があるのは逃れられないから、だから今この瞬間は確実に「メンバーとファンの気持ちは一つだったよ」と未来の自分に伝えたい。「メンバー全員がファンと一緒にオンリーワンだけではなくナンバーワンを目指したい」と言っていたよって。

だからファン層が変わったとか、昔のほうがよかったとか、そんな小さいことで悩むんじゃないと。

セクゾの意識が変わってしまっても、それがこの時と同じように未来を見据えた変化であれば自分なりに受け止めて応援し続けよう?

セクゾがファンのことボロカスにしてんなら話は別だけどな。2017年の彼らは「絶対に幸せにします」って言ったから今の私はそれを信じたい…

 

自分たちが作って自分たちが披露してるから、俺たちのステージだ!って思いがちなんだけど、ファンのみんながいるからこそのステージ。


もう俺たちがみなさんを離すことはないと思います。セクシーゾーンを導いてくれたのはファンのみなさんのおかげ。感謝の気持ちをずっと伝えていきたい。

 

みんなと5人の笑顔が咲き続けますように

 

こんなにファンのことを思って素敵な言葉と時間をくれるSexyZoneが私は心から大好きです。

このコンサートを通して私にとってSexyZoneは、チケットを取れず現場に行けないだろうが、家庭を持ってヲタクできなくなろうが、いつまでも応援していたい。そういうグループになった。そんなふうに思わせてくれる素敵なコンサートだった。そして彼らもファンとそんな関係を望んでるんだろうと勝手に思った。

 

こんな風に1人のセクババを含めきっとたくさんの人を虜にしてしまうコンサートをしてしまったセクシーゾーンさん。

ぶっちゃけ来年からのハードルがすごい。

むしろ過去どうこうよりそっちのほうが心配だったりした( ;∀;)(笑)しつれい?(笑)

こんなに度肝抜かれるコンサートってなかなかないものなのか…それとも来年も予想を裏切って軽々しく良いものを見せてもらえるのか…

いまから楽しみで仕方ない(*´ω`*)

 

去年に引き続き、まだまだ現場はジュニア担やセクゾ行ってみるか〜ノリの他担さんが多い印象なので、セクゾさんとしてはこれから固定ファンをたっくさん着実につけていきたいね。

 

ゆっても再デビュー2年目だしね。

ババァとしてはこれからこれからってゆっくり行きたいけど、きっとあの5人はすごい勢いでビューーーーンッと遠くに連れてってくれるんだろう。

 

最後に自分の記憶用にツイッターを貼って終わる。ほんとうはオーラスでみた自担の姿とかも書きたかったんだけど、長くなるのでそれはまた今度。。うん。。自担のことについて掘り下げるのは苦手だけど次こそ。。!!!

 




 

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




 

 

 

 

STAGE感想メモ

セトリごとの感想&テンション記憶メモ

風磨くんが中心になって考えたコンサートだから基本的に風磨くんのことめちゃくちゃ褒めてると思う。あとはそうまりかわいいオバケみたいなもん

メンステは()表記なし

 

ROCK THA TOWN
初日に勝利くんが「過去も未来も忘れて楽しんでこうぜ!!! 」と力強く煽ってきたのだが、とにかく今この時を楽しんで今一度SexyZoneとまっさらな気持ちで向き合って欲しいというメッセージだとおばちゃんは受け取った。最初から炎ボアーッ!で衣装相変わらずかっこいいすき!!あとOP映像さいこうだった!!!かっこいい!!やっとちゃんとした映像使われるようになったよ~!!

 

Celebration!
セクシーゾーンの5周年を祝うのに適した曲!!!!( ˆoˆ )/ふうまくんのデェンとか無駄なアレンジめっちゃクソワロタwwwww(この後もちょいちょいいろんな曲でデェンとかアーハンとかその仲間が出てくるウケる)

 

High High People
そうちゃんのフェイクがー!(T_T)松島担的には激アツでした!!ありがとう!!そちゃんの歌声はほんとに透き通ってて綺麗(T_T)綺麗すぎて癖の強いセクゾの中では馴染んで聞き取りにくいんだけど、最近わかるようになってきたよ〜(T_T)セクガルの慣れ親しんだ曲でコール&レスポンス 5人それぞれセリフ(松島くんは方言+好き+鼻下投げちゅシリーズで、北海道はなまら好きだべさ〜!)、わちゃわちゃ絡み(健人パートで後ろからヒョコヒョコ聡マリ生えてくるのギャンカワ!からの聡マリパートでごちそうさますぎる)あとオーラスそうちゃんめっちゃ中島健人にチューしてたんだけど、1回目はここだった。聡マリに挟まれて聡ちゃんにチューされる中島健人すごい!すごい!世界一幸せなドリーマー!!!!!(※ドリーマーとは聡マリがサクッと考えた聡マリファンの愛称(仮)です)初っ端から銀吹雪?2連発(薔薇の匂い付き)でファンを急激にあっためる感!!!最高!薔薇の匂いは一回も確認できなかった(笑)

 

Miss Mysterious
散々沸かせたあとに去年掴んだセクシーゾーンらしさになりそうな曲&演出を見せてくるセクシーゾーンにくい!!一気にムーディーな雰囲気に˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚
マイクスタンド部分がサイリウムみたいに光ったマイクをみんなで持って前列ふまけん(膝立ち)、後列ちびーずの立ち位置最高すぎる!最初みんなでギュッと固まってるから双眼鏡でみんな満遍なくみれたのよかった〜!ふまけんは肩出し攻め攻め!でキッズファンキャーキャーなってた(笑)それよりなにより健聡のドセクシーな足の撫りな…いつもアホアホしてる聡くんが王子ケンティーと背中合わせになってケンティーの太ももをクッッソエロくなぞる姿に姉ちゃんはハワワ〜としてしまったよ(T_T)いつのまにか可愛い弟がとんでもないエロテクニック身につけてたクッソ〜!時の流れと成長がエグい!!!

 

LoveConfusion
わたしの大好きな曲!去年の椅子演出を今年はバージョンアップ!最初は一列なってそれぞれのソロパートでライトアップ他メンバーは暗がりで座りながらダンスをしてるんだけど、そうくんは電気消えてても指先まで美しい余裕のあるダンスをしてて、もう見惚れてしまった…(T_T)ダンスに関して素人すぎて目が肥えてなさすぎて細かい良さを伝えれないことがツライ
そのあと変形してJr.も含めてメンステ全体を利用した椅子演出!素敵だったー!雰囲気が!最強にセクシー!ほんとに新しいセクゾらしい曲の一曲になったよね!!!

 

みんなはけてマリちゃんソロトーク
テーマパークみたいな音楽流れてマリちゃんの解説〜〜!!!!さいこう!外国みたい!マリたんの英語トーク夢だった〜!きみまろさんネタ英語でやるマリたんクッソ可愛い〜〜!大天使さまに改めて今回のツアーコンセプトの説明を受ける幸せセミナーですよ〜〜!チケット代と別にお金あげたい!5TAGEは5つの月日という意味であり、それぞれが過ごしてきた5年の月日をこのStageで表現したいというコンセプトである。

 

Why?(しょりソロ)
圧倒的顔面力!!!!!!が女をゴミみたいに振り回す歌ヤベェ!!!!!!これに尽きる。勝利くん金髪にしてから垢抜け方がエグい。あと初日で私はソロの時にペンライトをメンバーカラーに変えるという発想が全くなくてセクガルすげぇってなった。そーだよね。せっかく5色に光るんだもんね。気づいてからさっそく赤にしました。

 

Teleportation
勝利はけた後、4分割されたスクリーンに1Player.ってなんかスマブラみたいな感じでキャラクター選べんの?みたいな映像が流れて、1人1人懐か可愛い過去のコンサート映像が流れて、またソロ続きかな?次は健人かな?と思ったら最後に真っ黒い画面に白い字で5Player.と流れ………その瞬間メインのスクリーンが5分割されて全員テレポーテーションしてきた!!!!鳥肌!!!!!これほんとカッコよかった!(´;ω;`)マジでテレポーテーションしてきたんだよ!!!!!そんでもってこのスクリーン縦5分割はどうもわたしの性癖らしい。めっちゃ興奮した。てか5人グループ好きな人きっとみんな縦5分割すきだよね??全世界共通性癖だよね???初日はこの状況を理解するのに10秒くらいかかった。え、健人のソロなのにみんないる…え??!みんな歌ってる?!えっ?!って1人でアホみたいにテンパった。聡くんの衣装サマパラの乳首Tシャツをさらにビリビリにしてて、初日はバクステ側スタンドだったから中身来てないのかと一瞬ビビったけど、中にオレンジのシャツきてた。お姉ちゃん安心。ふまけんが背中合わせになって歌うのめっちゃかっこよかった。ふまけんはイチャつくよりこういう王道シンメみたいなやつのほうが好きです。
いやぁ初っ端から…ヤルな…菊池風磨…の1回目はここだった。度肝抜かれた。5人で歌うテレポーテーション最高。個々でそれぞれ頑張ってたみんなが5人に集結してファンの前にテレポーテーションしてくれたんだね!!?なにそれだいすき!!!!!!

 

SilverMoonオルゴール→マリオネット
大興奮のサプライズからまた一気に世界観が変化!!!シルムンが流れてみんな人形みたいなダンス。オルゴールの最後みたいに音が止まったとおもったら、ネジをジリジリ?クルクル?鳴らす音が流れてオルゴール曲が流れると同時に5人がまた動き始めた。。と思ったら、え?!操り糸でてきたーー!!!!!なんこれすご!?!でしか最初なかったんだけど、操り糸を振り払おうとする仕草やレーザーの檻に手をドンドンして閉じ込められてる風のマリちゃんを見て、事務所に翻弄されていた時間と、「大人の事情って最近毎日言われてるの」と言っていた幼いマリを思い出した。

 

King&Queen&Joker
そんなセンチメンタルな演出の後に派手やかなKQJ!!この時期はちょうど編成直前、セクゾもファンもなんだかフアフアしてて、大丈夫だよね?もうなんもないよね?な超絶不安定期だったことを思い出した。表舞台と裏舞台の明暗を表しているみたいで、さっきの操り人形が事務所に翻弄されるメンバーとファンみたいでなんだか胸がズキズキした(T_T)風磨くんはどういう意図でこの演出を考えたんだろう?けどそれよりもとても美しい見惚れる演出だったのは確か。風磨くんのソロコンサートで大活躍していたあのパリピレーザーがこんな美しい演出に活かせるなんて、菊池風磨天才か?!の2回目だった。KQJみたいな楽しい曲を披露してた裏でメンバーもファンも色々格闘していたことを思い出したけど、KQJはやっぱり好きな曲だなと思った。

 

再びオルゴール
KQJを歌い終わると、再びオルゴール曲が流れて人形に戻る5人。ライトが消えて松島くんだけメンステに残って、1人1人出てくるJr.を指差し、手振りでライトアップしていく。風磨くんが聡マリの見せ場をしっかり作ってくれていることに菊池風磨やるなの3回目を感じた。ちゃんと2人の特性を生かした演出を考えてくれるあたり素晴らしい。Jr.全員にライトを当て終わると、聡くんは下にスンって消えてしまうんだけど、、下に降りる前に執事みたいなお辞儀するんだけど、後ろに回した手の指を一本一本しなやかに折る姿がとても好きだった。正面からは見えない指先までキレイに表現する松島聡くんにまたまた心が惹かれてしまった(T_T)

 

ダンケ・シェーン(マリソロ)
聡ちゃんが消えたあと元気一杯に下からビョーン!って天使飛び出してきた!!!!可愛いにつきる。この曲世界の共通歌にするべき愛おしい平和曲だと思う。国歌ならぬ地球歌。マリちゃんのありがとうがたくさん詰まった曲!!とにかくダンスがカワイイんだよね〜〜(T_T)というかここまででメリハリありすぎてすごい〜〜!!!落ち着く暇がない!

 

よびすて
マリたんで心が浄化されたあと、またしっとりかっこええ曲が…なにより白スーツ衣装やばい。でもこれは私が唯一心残りな曲〜!
これは風磨くん的にマリのメンバーカラーであるオレンジにしたままにしてほしかったのではないか?!とどうしても思ってしまうのです(T_T)照明がオレンジオンリーだったでしょ?マリのメンカラのままみんなペンライトをオレンジにしてたらすごく綺麗な夕焼け景色になったはずなんだよ〜!風磨くんそういうこと考えそうじゃん〜〜!裏でマリに「お前の人気指数がわかるな!」とかって意地悪言ってそうじゃん〜!まぁわたしのただの深読みだけどね!!!次のレディダイが始まる前にパチンッ!って効果音がなるからその時にペンライトをオレンジから各担当カラーに変えたらすごく綺麗だったろうな〜!
あともう一つシュンだったのが、名古屋の風磨くん白スーツに黄色のサングラスでめちゃクソかっこよかったのに札幌の時にはもうしてなかった(T_T)ざんねん…

 

Ladyダイヤモンド(アリトロ)
みなさんの笑顔をダイヤモンドより美しく💎✨をさらっと言う中島健人ほんとすごいんだよねぇ たぶんセクガルって中島健人のせいで甘い言葉系の体制つきすぎてちょっとやそっとのことでキャーってならないと思うさ。だってこのセリフもなかなかなのに中島健人は呼吸するように自然に言うもんだから全然キャーってなってなかったもん あっはっは
あと好きだった中島ケンティーは、セクシーガール!輝いてんの?\イェーイ/輝いてんのか?!\イェーイ/うん、さすが俺のセクシーガール(バチコーン😉-🌟💕✨)です。ケンティーを前にしたら25歳でも30歳でも50歳でも輝かないといけないからセクゾ魂たのしい。輝けんと!って言葉そういえばあったよね あれなんだっけ
やっとアリトロで移動ですね〜ファンサタイムかな???

 

キャラメルドリーム(アリトロ)
と思ったらこれですよー!!!なんこの演出!!抜かりない!移動のトロッコですらギャン泣きしちゃうくらい可愛い演出いれてくる菊池風磨ほんと!!!!の4回目でした。センステに当たる位置でアリトロ集結して一列になり、スクリーンにスノウ風のデコレーションが!!!ジャニーズ×スノウはジャニヲタを殺すと知ってるセクシーゾーン強すぎる怖すぎる!殺される!!!可愛さで殺される!!!!チビーズとふまけんで分けてるあたりも最高に最高でしたね!!わたしはふまけんどうこうより、勝利くんが聡マリと一緒に括られてるほうが好きなのです!!!!ありがとう!!ごちそうさま!!!!ポップでキュートな夢たくさん見させてもらいました…もう死んでもいいくらい可愛いに溺れた
あとはしょりそのダバダッ隊が大好きでした(´;ω;`)あれいつから始まったんだろぉ〜
しょりそうは勝利くんがほんとにただのそのへんの少年になるから大好きだよ〜!!勝利くんは顔が国宝なだけで中身ほんと普通の男の子なところが愛おしいよね!!(´;ω;`)あとセンターなのに堂々としてでも控えめなところも好き。

 

HeyYou!/ぶつかっちゃうよ(バクステ)
カワイイの波に溺れたと思ったらさらに可愛いの特大の波を用意してくるセクシーゾーン!!!しぬ!殺す気か!!!わちゃわちゃの連続、ヲタクのだいすきなセクシーつむつむ…!!!わたし可愛いの波に飲まれてここで1回溺れ死んだと思う。

なんだかんだ私入った公演ヘイユーばっかだったな。ぶつかっちゃうよも好きだよ❤︎どっちの曲もそちゃんは全力シャカリキダンス披露してくるから心がぽっかぽっかだよ~~~~~!あのシャカリキ全力ダンスは昔からだいすき(´;ω;`)♡♡

 

MC(バクステ→メンステ)
バクステでMC始める斬新さ!アリーナにいた時は立ってるの辛かったぞ!カワイイから立ってられたけど!!!!!てか今回のツアー疲れて座りたいってゆうのなくて凄かったなぁ。。
MCで聡マリに下ネタ振るふうまくんはおこだよ〜〜😡!!!聡マリはいつまでも天使でいてほしいんだから〜〜もぉ〜〜!!!!ドギマギアセアセしてるしょりそまりカワイイけどなァ〜〜?!?!😡💓

札幌公演のMC楽しすぎて、健人の心が叫びたがっているんだクランクアップおめでとう→(ファンの)みんなも頑張ってるんだ(心が叫びたがってるんだのイントネーションで会話リレー)→バラード始まる雰囲気になったところで、ファンのケンティー!掛け声→メンバー楽屋で事あるごとに小声でケンティーって言うよね…w→ケンティーの歌即興→そんな中島に捧げたい歌があります…バイバイドゥバイ。の流れ楽しすぎた( ;∀;)次はドゥバイではないです

 

君だけForever
ケンティーのピアノと勝利くんの弾き語り。聡くんピアノに寄り添って歌ってるんだけど、常にどこかでリズムとってた。可愛かった。あと聡くんって自分のパートじゃない時もずっと歌詞口ずさんでるんだよね!!この曲だけじゃなくて他の曲の時もずーーっと口パクしてんの!どんだけ自分たちの曲すきなの?ねぇー!ってなってた

 

SexyZooとかいう謎ダンス(着替え時間)コーナー
初日はセクベア(今回のグッズになってるクマ)が友達呼んだよ〜って着ぐるみの動物たちを呼ぶ下りがあったんだけど、初日以降はなくなって急にSexyZooとかいう謎ロゴが出て着ぐるみとふまけんしょりが踊りだすから、初見の人はめっちゃ意味不明だったと思うww SexyZooってコスプレキャバクラありそうだなって思ってた(笑)
で、ふまけんしょりがはけたと思ったらなんかめっちゃ歩き方かわいい着ぐるみのトラ🐯とパンダ🐼でてきた。ある場所を踏むとマリオ効果音(コインとキノコ)の音がなって、(横アリはオナラとフワァ〜オ❤︎ってエッチなやつの効果音になってた)それで遊んで、そのあとはデビュー曲の聡マリパート「ほとんどだけど!」の効果音になり(聡マリ担的には高まる演出!😍)最後には、「(足踏み)Sexy!」「(足踏み)Zone!」の効果音になり、トラ🐯(そうちゃん)はZoneの音を出すたびに股間抑えてて可愛かった😂ウィズユーのセクシーセクシーセクシー\ゾーン/のコールを再現する聡マリ、そしてジェスチャーでみんな真似して〜!を表現する聡マリめちゃカワイイ(着ぐるみだから一切喋らない)ウィズユー掛け声をファンとやり遂げると…

 

Sweety Girl
着ぐるみの頭を取って、キュートな聡マリちゃんが〜〜〜〜!!!!そしてスイガルのイントロが流れるのです!!!!スイガルってけっこー去年からやり尽くしてる曲なはずなのに毎回演出も環境も違うから全然飽きないの!!!!すごい!!!!着ぐるみの自担めっちゃ可愛すぎて泣いた。可愛すぎて初日1人で泣いてた。ガチ泣きした。可愛すぎて涙が溢れるなんて初めてでした。聡マリの可愛さは完全に麻薬。そんでもって聡マリ〜🙏って天に召されようとしてたら、最後のイントロでまさかの着ぐるみ来たふまけんしょりが出てきて!まだ天には行けない!!とすぐ地上に戻ってきました。最終日に5人並んで頭持ってフリフリしてサザエさんのタマ?やってるの可愛すぎたし、それ以外は風磨くんが真顔でウサギの🐰頭を片手でずーっと吊るし上げてるのがウケすぎたwそれを隣で戸惑いながら見たり真似したりする聡ちゃん愛おしすぎた

 

私のオキテ
あーん、聡マリ可愛いよ〜!しくしく!ってなってたところに突然赤いカーテンがメンステを隠す!!!心が整ってない中で突然始まったメンバーの生着替え!!!!!!え、まって、そうちゃんは、そうちゃんは、トラ!トラのシルエット〜!あれだー!!えっえっー?!ってもうまたおばさん1人でテンパってた。着ぐるみ脱いだと思ったらよぉ!!!何度見してもスカートでしかなくてよぉ?!?!わたしはなんの着替えを見せられてるのか全然分からなくてよぉ!!!だってシルエット女より女なんだぜ?!全員美脚でもうわけわからんくて、「アーン」ってエッチな効果音と共に5人とも色っぽくウィッグつけてさぁ!!!もうシルエットだけみたら女!女!赤いカーテン落ちたと思ったらまさかのチキンバスケッツですよ!!!!!もうほんとしてやられた!!菊池風磨に何回やられてんの?!これで5回目かな?!自分含めてヲタクの悲鳴がすごかった。これはズルい!!!!!カーテン落ちても遠目で見たら会場にいるどの女よりも美人!美女ですよ!!!わたしは風子がタイプすぎた!!!!聡子は動きが激しすぎてパンツ見えすぎ!あとで反省文だよ!!!WSはおとなしいところしか出てなかったね!さすがにね!ストッキング+インヒールスニーカー履いてるプロ意識の高さがさすがです!!

 

It's going down
オキテテロでテンパっているヲタクに容赦なくオキテが終わった瞬間、めちゃくそカッコいい映像が流れるのです。(着替えタイム)今回のセクゾ魂、OPもそうだけど、やっとカッコいい映像使わせてくれたの嬉しかったよ〜!(´;ω;`)感覚で言うとJUMPのForeverの映像みたいな感じです。映像終わったら風磨くんのドチャクソかっこいいソロ曲、IGDが流れたと思ったらまた下から5人勢いよく飛び出してきたー!!!もうかっこいい!!!なに!!!!ふまけんのソロ曲を5人で歌うのなに!!!しかもチョイスが天才すぎる!!!!この曲の最高にカッコいいバリバリ機械音なパートをマリに任せたのが私的には痺れた!すごくすきだった!!!

 

24-7〜僕らのストーリー〜
またまたレーザーのかっこよい演出。なんか文でうまく説明できないのが悔しい。レーザーの壁をぶち破ってみんなでてくる感じ歌詞に合っててめちゃかっこよかった。階段の下でレーザーに当たらないように移動してるメンバーちょっと可愛かった。すごかった。火ボアーってなるの札幌公演の日は寒すぎて暖炉代わりにしてたwwあったかかったww

 

Break out my shell
イントロの演出がわけわかんないくらいカッコよくなってた……………最初Jr.がゾンビみたいに下からゾワ〜っと出てくるもんだから、なんかホラー始まるのかとおもった(T_T)笑
自担のソロだと分かった瞬間震えが…(T_T)暗闇の奥からコツコツと音を立てて誰かこちらに向かってくる効果音…そしてバリバリバリ!バーンッ!ってガラスを割った音がした瞬間!!!殻を破った瞬間の!松島くんの!!!!!顔!!!!!すごい!!!同じ人とは思えなくて!!!札幌は特にすごかった!!!!聡くんのあのギャップは私の語彙力じゃ伝えきれない〜(T_T)
先の見えない暗闇で、色んな感情が渦巻く中で、何かを掴んだ松島聡くんの人生が凄く良く描かれた演出でした(T_T)見方を変えれば色んなストーリーが出来そうなくらい表現力の高いイントロだった〜!あ〜〜そうちゃんにサイコパスな演技やってほしい…………

 

Slow jam
これだ!!!!!!!SexyZoneのセクシーの答えこれだ!!!!!ってなる曲でした。RTTのカップリングなんだけど、名古屋のときはまだ発売されてなくて、ラジオで流してたかもしれないけど、初日のコンサートで初めて聞いてSexyZoneにピッタリな曲だな~!って思った。メンステにおしゃれな雑貨、家具がたくさんあって(ニトリ製品らしい)メンバーみんなそれぞれ色っぽく色々してんのね(説明めんどくさいやつ笑)オーラスでマリちゃん小物の本に顔隠しながらフフってしばらく笑ってたんだけどなにがあったんだろう?(笑)ギャグ漫画でも読んでんの?みたいな顔してたwそうちゃんはソロ終わりに自分の立ち位置に向かって着替えるんだけど、ジャケットの脱ぎ方、羽織り方がなんか男の子でまたハワワ~(;_:)ってなってた(笑)そんでもって最後みんな集まってかっこつけてるんだけど、そうちゃんが!!ソファー座り要因で!!!!!その座り方がな!!!!表情がな!!!めっちゃ雄でな!!!!!いやほんと怖い!!ソファーに1人ドカっと座って両脇に佐藤勝利中島健人従えてるのやばいだろ!!!!なんなの!!!!もう!!!ばか!!!!!って一人で怒ってた(笑)

 

...more/rouge(風磨ソロ)
わたしrouge率高かった、、(笑)ジェスチャーでベットに彼女と思われる人を押し倒したり(笑)表現うますぎてリアルでwwww菊池風磨の18禁なイメージビデオでしかなかったwwwww友達といま風磨にベットとソファーで2回抱かれたって言い合ったのめっちゃ楽しかった。レポで今日のふうまくんは対◎座位とか回ってくんのクッソ下品でワロタ いやーほんとザ菊池風磨のソロコーナーだった〜〜!風磨担ってあれどんな気持ちで見てんのかめっちゃ気になるwww中島担の友達は普通にときめいてて顔が女になっててワロタ

 

Hey summer honey(健人ソロ)(バクステ→メンステ)
まさかのブルゾンちえみを匂わす演出(スーツ衣装、職場を匂わす小物、withB従え、資料バッサー)に、ケンティーワールド炸裂のソロ!圧巻の早着替えとキラキラ感!!!!中島健人ってマジでアイドルになるためにこの世に産まれてきたんだなって100人中150人が思う圧巻のステージに、中島健人ってほんと天才だな?!?!の気持ちが止まらなかった。ほんとにキラキラ輝いてるんだよね……すごい……サマハニの爽快感、清涼感と中島健人の濃ゆいアイドルオーラのマッチングがほんとすごい。この人が他のグループにいたらマジで怖すぎるくらい天才的圧倒的アイドル!!!!完全に中島健人の虜でした。

 

Stand up speak out(アリトロ)
これもRTTのカップリング!ファンの子が歌うパートがあるんだけど、初日の名古屋はまだ発売前だったから全然声小さくてね(笑)ラジオで風磨くんのけっこー宣伝してたけど、やっぱり私も初日はうまく歌えなかったよごめんね(笑)でもそれでも頑張って歌おうとするセクガルを見て風磨くん、「難しかったかな?ありがとう!」ってめっちゃ彼氏力出してくるしなんかありがたかった(笑)オーラスにかけてどんどん一体感が生まれていった曲の一つ!初日はこの未完成感がすごく良かったなぁ逆に!まじでファンと一緒に創り上げてくコンサートなんだ!って高まった要因のひとつ!( ˆoˆ )/

 

勝利の日まで(バクステ)
なんとじゃんけん大会が毎回行われる( ;∀;)勝った人には次の曲(セクサマ冒頭)のソロパート獲得権があるんだけど、わたしは聡ちゃん勝った日1回も入れなかった〜〜!!(T_T)マリと風磨だけだよ!(笑)激弱ふうまくんツアーで2勝しかしなかったうちの2回とも聴けてんだよ!くそ!(笑)

 

セクサマ(バクステ→メンステ)
勝った風磨くんめちゃめちゃ気合い入れてセクサマ歌うのカワイイ(笑)からの最後のセリフ部分を風磨おめでとう!ありがとう!大人になったな!とかで尺使うのめっちゃ好きなやつです〜〜!!!

 

With you
セクサマラストのセリフでみんなでふざけてたくせにウィズユー始まった瞬間みんな真顔で構えるのちょぉ笑ったwwウィズユーはほんといい曲だな〜〜!ヲタクみんなこの曲すきだろ セクゾにとっても思い入れの強い曲だから一気に、コンサート楽しい!!最高!!イエーイ!!!!な空気から、心がキュッと引き締まる感じがして良かった。

 

挨拶→5TAGE
「歌を送るよ 胸を張って 愛してるよ ありがとう ただありがとう 赤い薔薇に違う その棘が刺さろうとも歩いてく あなたとこの道を」
この部分をファンに歌わせるってなかなか鬼畜だなって初日は思った笑(΄◉◞౪◟◉`)だって契約書書かされてるみたいなんだもん(笑)文章にすればどうってことないけど、これをコンサート会場で声に出して目の前のメンバーへ歌うのってすごく重く感じた😅(笑)こんなもん薔薇🌹を持ってメンバーの前で歌ってしまったら、担降り〜とか気軽に考えた時に「あなたは赤い薔薇🌹に誓ったはずです。その棘が刺さろうとも歩いていくと」って魔法使い現れて呪いかけられそう。薔薇の花びらが全て落ちる前にセクゾに愛(という名のお金)を届けないと一生野獣か食器になってしまう呪いをかけられそう。(美女と野獣見た)

ちなみにStage歌うまでのセトリが最高すぎて、過去を思い出して泣く〜〜みたいな気持ちオーラスまでは一切なかったね。オーラスまでは( ;∀;)挨拶は結構前向きな言葉が多かったからっていうのもあるんだけど、コンサートからセクゾが未来を見て進んでいることが伝わりすぎて、こっちは懐古なんてしてたら振り落とされてしまいそうな勢いだったからね(笑)オーラスは挨拶からズルかったし自担があれだったのでもうダメでした。大切な思い出の曲です。てかセクシーゾーンとセクガルの婚姻届みたいなもんですよ。この曲。

 

アンコール
SexyZone
デビューコンサートの演出のまま出てくるのズルすぎる!!!わたしはこのコンサート行ってないけどさぁ!このコンサートから今まで現場で応援し続けた人号泣もんでしょ!!5年経ってあの王子様衣装が似合うグループになりましたね(´;ω;`)すてき…

 

カラフルEyes(スタトロ)
デビューシングルの次は第二のデビューシングル曲!すてき!選曲すてき!ふうまくんだいすき!!だった!!

 

Makebyday(スタトロ→メンステ)
初日お手振りだけだった松島くんは2日目からファンサマシーン(お手振り指差し投げちゅエアハグのリピート)で10秒で10個ファンサしてんじゃね?みたいな勢いでめちゃワロタ

 

Congratulation
コンサートの最後を飾るのに相応しい曲になりましたね(´;ω;`)ベストアルバムで聡マリソロパート加わったコングラ2016ver.出したばかりなのに、またパート割り変わってて、ちょー!2017ver.にアップデートされてるぅぅぅ!!!!だった!!!!

 

ダブルアンコ

各会場のオーラスだけだから私が聞けたのはドゥバイとシルムンだけ٩( 'ω' )و

わたしシルムンの曲がめっちゃ好きなんだけど、ふつうに曲が好きで好きなんだけど、けっこーセクガルみんなシルムン好きじゃん?あれなんでなの?なんか過去のコンサートでシルムンのグッとくる演出があったのかな?わたし現場ぜんぜん行ってなかったからさ!!それともみんなシルムンの曲がただ好きなだけかな??メンバーも好きだしね!すごいねシルムン!だけど私は今回のオーラス公演のおかげでシルムン好きランクが150レベルくらい一気にあがったよ!!!!!!STAGEロスをいまだ免れているのはシルムン魔法のおかげ!!!!!!

ツアーT聡ちゃんのめっちゃ派手にペイントされててほんとかわいいのな~~~~ツアーT買ってよかったよ~~~大事に寝巻きにするね~~~~

 

まとめ

とにかく時間が早く感じるコンサートだった。

一緒に入った人たち「もう終わり?!」ってなってたし、私自身も「もう終わり?!?!?!?」って毎回驚いてた(゜_゜)メリハリ激しく、キャーってなる演出が多いから冷静になる時間が全然なくて、立っているのも苦しくなかった!なにより腰悪くていつもコンサート中3回は座るママが一回も座らなかったことにビックリした!!!!!!素敵なコンサートをプレゼンツしてプレゼントしてくれてありがとうセクシーゾーン!!!!私はこの言葉使いどころなさそうだなって思ってたけど、今この言葉をすごく叫びたい!!!伝えます!!!!!

 

STY!!!!!!!!

(※sexy thank you)

 

 

 

 

✨SexyZone5周年Anniversary✨

だいぶ遅くなったけど、CDデビューから5年!まずはここまでお疲れ様でした!!!!!5年目を今の形で迎えられて私もとっても嬉しい!!!( ;∀;)✨ほんとうにおめでとう~~~~~~!!!!!

「SexyZoneからファンに伝えたい気持ち」という物がDVD、雑誌などを通して勝手に伝わりすぎて溢れすぎて全然まとめられなかった!!!!!綴るよ!!!とりあえずグループ全体として気づかされたことを綴るよ!!自担個人に関することはまた誕生日の日でも!(笑)

 

デビュー日に絶対ぜったい!ベストアルバムについている特典映像を見たくて、「次の日の仕事がなんだ!どうにでもなれ!!」って気持ちで夜中までぶっとうして観たよ!( ˘ω˘ )ドヤァ

 

セクゾの特典映像はいつもボリュームがすごいんだけど、今回もすごかった!1つのディスクに、①デビューシングル「SexyZone」から11枚目のシングル「勝利の日まで」の全ミュージックビデオ映像と、②SexyMemorys(次からセクメモって略すわ)っていう完全なるテラスハウスな空間でオシャレに5年間を振り返ろうって企画物(笑)が入ってる(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾ちなみに初回Bはセクガルもメンバーも大好きな冠番組「SexyZone CHANNEL」略してセクチャンの特選映像が収録されてるよ!

 

セクメモの始まりは、クソオシャレなダイニングテーブルを囲って、クソオシャレなマリたんの手作り(らしい)料理を食べながら雑談してる。そのあとクソオシャレなリビングに移動して5人でソファー座りながらデビューした2011年から順番にシングルMVとコンサートの映像を見て年代ごとに振り返っていく感じ(-ω-)/

ちなみにマリウスの家にみんなを招待するっていう設定なんだけど、マリちゃんホントにこんな家に住んでそうだから嘘か本当かわかんなくなる

 

 

 

参考資料です

(カメラアングルがだいぶそれ)

f:id:szsocutesogood:20161125133555j:plain

 

 

まじで最初テラスハウスでしかなくて、「こ、これ、恋が始まっちゃうやつじゃん~~~~!!!!!」って始めはアホみたいに浮かれてたんだけど、案外最初から重たい雰囲気で過去振り返りだしたからすぐ真顔になりました(・-・)この子達ほんと真面目

 

 

MV集~セクメモまでぶっとうして観ての感想を要点にすると

①SexyZone が歩んだ道全てを受け入れることができるようになった

②SexyZoneが見据えてる未来に圧倒された

③SexyZoneが切り開こうとしている道についていこうと決心した

 って感じだった

 

①は松島担の私にとってはとてもとてもとーーーーーーーーーっても大きな収穫で、ベストアルバムや雑誌を通して完全にメンバーがセク鬱を完治させてくれた気がした(;_;)

ファンミやツアー、サマパラを通して9割型セク鬱症状は治まっていたんだけどね、MV集を見るのはやっぱり怖かったんだ

 SexyZone→Ladyダイヤモンド→SexySummerに雪が降る→RealSexy→バイバイDoバイ→king&Queen&Joker→男never give upって感じでどんどん発売順に流れてくんだけど、当時の感情と全く一緒になった。

最初めっちゃ楽しいんだけど、リアセクでちょっと「うっ…」っとなって、ドゥバイとKQJでちょっと切なくなって、男ネバギバが来たときには真顔になってた……(・-・)

KQJ自体も聡マリは添え物みたいに見えちゃって、当時の健人くんが聡マリに対して「二人は(グループにとって)大切なjackだ」ってフォローしているあの優しさが逆に切なくて悔しくて複雑だった気持ちをフラッシュバックのように思い出してた(+_+)(美化してたらごめん)それでもこの曲はセクゾらしくて好きだったなってことも思い出してた

 で、本気で初めて男ネバギバのMV見たんだよね。

もう当時の気持ちをヒシヒシと思い出して、でも見なきゃいけないって使命感で必死にテレビ画面を見つめてた(-_-)初めてまともに聞いて思ったんだけど、だいぶ嫌味な歌詞なんだよねこれ。聡マリ担に喧嘩売ってるよね??「元気出せよじゃねーよ」「なにがスマイルじゃ」って2年越しにさらにやさぐれちゃったよ(´Д⊂ヽ歌詞知らん人はリンク飛んでどうぞ

www.uta-net.com

自担がグループからハブかれた妄想をしてこの曲を聴いてみるとセク鬱が体験できるかも( ˘ω˘ )♡♡♡

 

次は君にHITOMEBOREなんだけど、この曲はデカデカとSexyZoneって紹介してから3人しか出てこないっていう演出にダメージ100000ポイントくらった(瀕死)そのあとのチャチャチャも初めてMV見たんだけど、聡マリがJr.と一緒に紹介されてて完全にジャニーズJr.扱いされてて心死んだ

当時の私見なかったのエライって褒めてあげたくなったし、これは本当にリアルタイムで見なくて正解だったと心から思う。ひどすぎる

 

だけどね、この3人曲ぜんぶ聡マリがサマパラで披露してくれてるんだよね。SexyZoneメドレーとして。

これはちゃんとSexyZoneの曲なんだよってサマパラで聡マリが教えてくれたから、そのおかげで君米はセンステのセンターで踊ってた聡ちゃんを思い出せたし、サマパラでの楽しい記憶がよみがえってきたし、なんならMステスーパーライブ?の女性ダンサー事件思い出してちょっと笑えたんだよね。チャチャチャも同じように楽しかった記憶を思い出すことができて、嫌な記憶から楽しい記憶に変換してくれて「聡ちゃんほんとうにありがとう」「SexyZoneありがとう」って気持ちが溢れて溢れて止まらなかった 

 そんでもって次が再デビューシングルのカラフルアイズなもんだから心がホッとして安心して、すごく温かい気持ちを迎えたままセクメモに切り替えることができたんだよね( ;∀;)なんてうまく出来ているんだろう…!

 

で、セクメモではついさっき私がしてたように発売順にMVを見てメンバーが感想を言ってくわけですよ。最初から重たい雰囲気出してくるからさ、3人だけで写っているMVを5人で見ている瞬間は、「メンバーはこの時期についてどんな風に触れるんだろう…」「どんな風に振り返るんだろう」って不安と緊張と切ない気持ちが入り交じりながら私も見てたんだけど…

 

 (松島くんが男ネバギバ見る前に「俺これ初めて見る…」とか言い出すから心臓がギュン!!!!ってなったんだけど、見終わったらあっさり「これ見たことあったわ」とか言い出すから全力でデコピンしてやろうかと思った(小声))

 

(そのあと君米を見る前に松島くんが「これはほんとうに初めてみる…」とか言い出すからまた心臓がギュン!!!!ってなったんだけど、見終わったら「これも全然見たことあったわ」とか言い出して、こんな場面でもポンコツ発揮する自担だいすき…と思った(小声))

 

上の途中経過がありながらも、意外なことにメンバーは3人だけだったこととか、当時の体制についてどう思ってたっていうのは一切言わなかったんだよね。むしろ、MVの演出について評価していたり、紅白で披露するためにこのMVをたくさん見たって話していたり…、あくまでこの時代も5人でSexyZoneだと思ってメンバーは活動していたんだなって改めて気づかされることになった。

雑誌やコンサートでよく、特に風磨くんを中心に「いつだってずっと5人だと思って活動してきた」って発言はしていたんだけど、やっぱりファンとして(松島担は特に)納得がいかない部分が強すぎて、受け止めきれてなかった部分が今でも多かったんだなって思い知らされて

 

だけどこのDVD映像を通して、自然体で今まで歩んできた道を振り返る彼らを見て、「ずっと5人で頑張ってきた」っていう言葉が確信に変わった。こんなところで振り返ったり気持ちをさらけ出す必要もないくらい5人で話し合って、自分達は今の形で出せる全力を出し切ろうって精一杯いままで魅せてくれてたのかもしれないなってそんな風に思わせてくれて。そう思うと今までメンバーがファンに向けて発信していたたくさんの言葉を思い出して、今なら全ての時間のSexyZoneを受け入れることが出来るなぁって思えた(*_*)「離れ離れだった時間をなかったことにはしないでほしい」っていうメンバーの気持ちが伝わりました。ていうかメンバーがここまでしてくれているのに、まだ鬱期間のことを受け止められずにグチグチ言うのは失礼でしかないとさえ思った;つД`)


カラアイ発売から約1年の時間をかけて、SexyZoneはファンのセク鬱を完治させるためにたくさん頑張ってくれたと思う(*_*)ずっと信じて着いてきてくれた人、立ち止まった人、離れた人、みんなに訴えていたよね。私は完全に立ち止まった人の一人だったけど、この1年間を通して鬱期間にぽっかり空いた心の穴を埋めてもらえたよ。メンバーから一緒にまた歩み始めようと問いかけてくれて嬉しいし、本当にありがとうを伝えたいのはこっちのほうだ(;_;)

 

そんなこんなでセクメモの最後は、今後の目標とかを話してまとめていくんだけど、最初にマリが「日本はもちろんアジア圏や世界で活躍できるグループになるのが僕の夢」って語ったあとに、松島くんが「そういう大きな目標はもちろんあって、けどまずはそのために東京ドームでライブや冠番組を持つとか一つ一つを確実に達成していきたいと思ってる」って話すんだよね・・・

わかりますか・・・この二人の会話の上達(;ー;)笑

いや全然まだまだなんだけど(笑)全然凡人には理解できない天使語を今もたまに使っているけど(笑)昔よりずっとずっと会話になっているところが本当に成長を感じて(;-;)若いころの5年ってあっという間で尊いものなんだな~~~~ってとりあえず神様に感謝しといた

SexyZoneは聡マリが力をつけたときに大きく開花するんだろうな~ってつくづく思わせてくれるよね⊂⌒~⊃。Д。)⊃たのし~!マリウスはいつ海外から仕事が来てもいいように英語を昔から必死に勉強して、今度英検一級と準一級両方受けて自分の実力を試したいって言ってるし、11歳で日本に来て日本語の勉強だけでも大変だと思うのにほんとにすごいなぁって思う(;_;)マリちゃんは側からみればフアフアしてるイメージが強いと思うけど、ものすごい努力をしてるんだよね>_<じぶん何してるんだろってなるわ〜


で、こっから②の話になってくるんだけど、私的にハッとさせられたのが聡マリのあとにしゃべった勝利くんと風磨くんで

勝利くんは聡マリが大きな夢を語る中、「高望みはしないから、ファンの子が笑顔でいてくれるグループであり続けたい」って話すんだよね。冷静に考えれば、誰よりも5人厨の勝利くんらしい言葉だなと思うんだけど、それだけ離れて活動していた期間に思うことがあったんだろうなって思えてきて、苦しくて切なくて、でも、こんなにファンのことを想ってくれてありがとう…って温かい気持ちになったり…そう思ったら風磨くんは「アジアのトップを目指したい」って勝利くんとは真逆の視点で誰よりも高みを目指して力強く発言をしていて、私はこの振り幅に圧倒されてしまったわけで;つД`)

雑誌でもこの2人には頭上がらないな…って思ったものがあって、勝利くんがバラバラに活動してた時のことを発言していたもので…

f:id:szsocutesogood:20161125213246j:plain

やっぱこの人がグループのセンターだなって鳥肌が立ってしまった。私が悲しんでセクゾとの時間を止めていた間も勝利くんは5人に戻るために辞める覚悟で活動をしていたんだって 風磨くんも勝利くんもこの時期から世界を目指していたんだなって、圧巻されてしまった。青臭い考えって言われてしまったらそれまでなんだけど、16歳~20歳そこそこの青年たちがミクロからマクロの視点まで入り交えて夢を語り合っているこの状況が眩しくて、素直にすごいなぁって関心しちゃった(;_;)あと勝利くんはこんなことも言ってて、

f:id:szsocutesogood:20161125220057j:plain

5周年でたくさん宣伝してもらって、これからどう結果を残していくかが重要だとメンバーはちゃんと分かっていて、セクメモではみんな口を揃えて「来年は勝負の年だね」って言っていた。それを聞いてこっちも「そうなんだ」って気が引き締まったし、ファンとして出来ることを全力でしたい!って思った。(もちろん生活の範囲内で)セクメモや勝利くんの発言を読んだ他のセクゾ担はどう感じたんだろう。私はあれを読んだ瞬間、私が思っていたよりもずっとずっとグループの意思が強くて、SexyZoneに置いていかれる!って焦ってしまった(>_<)置いて行かれないように1つ1つを大切に見守りたい、応援したい。セクゾ担の友達あまりいないからわからないけど、たくさんのファンをそんな気持ちにさせていたらほんとうに素敵なことだなって思う!


あと風磨くんに関することなんだけど、最近雑誌とか今回の特典映像を見て、風磨くんってどんな状況でもそれを受け止めて全力で取り組む人なんだな~って改めて知ってもっと好きになった。※風磨くんの全力はシャカリキではない

離れて活動を始めた時のことを「実際にこの体制でどこまで上を目指せるのか見てみたいと思った」「けど全然だめだった。数字的にもファンの反応も全くだめだった」ってふまけん対談で話してて、あの期間も全力で取り組んで、それで結果がダメだったって思えたことって大きいと思うんだよね。それがあるから次に心置きなく切り替えられるし、今後壁に当たった時に逃げ道にもならないよなぁ~って思って。そして今は5人でアジアのトップ目指すために全力で取り組み始めるんだもんね。すごい熱いよね。アイドルとしてだけじゃなくて、人間としてすごく魅力的だな~って思う。SexyZoneで一番沼深いのって風磨くんじゃないかなって常々感じる( ;∀;)「常に全力でグループと向き合う+気持ちの若さ」もあったから、B.IShadowを引きずっている期間がそれなりにあったんだろうなって思うし、今は「常に全力に向き合う+精神的に成長した心」が備わっているわけだから、これからがほんとうに楽しみ(*ノωノ)

 風磨くんだけじゃなくて、みんな根本は同じ気持ち、同じスタンスで仕事に向き合っているとは思うんだけど、風磨くんは誰よりもファンにその辺りを発信してくれるから、とても人間臭くていいなぁって感じる( ˘ω˘ )

 

そんでもってここまでまとめたところで5周年記念対談がびっちり載っている会報が届いたよ~~~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾♡読んだら発信先が身内だけだからか、他の対談に比べるとすごく緩い空気感があってよかった(笑)セクメモとの温度差よ

わたしもそうだけどセクゾがデビューしてもう5年が経ったって実感はメンバーにもそんなないんだなって思ったし、やっとスタートラインに立てたと思っているのはメンバーも一緒なんだな、と思って嬉しくなりました⊂⌒~⊃。Д。)⊃♡♡マリちゃんが「5っていう数字だけが先走ってる!」なんて発言しちゃってるのもびっくりだよ~

会報読んでて意外だったのはグループとしてのターニングポイントだと思った出来事が、このベストアルバムに入っている「STAGE」って曲を5人で作詞した時らしくて、

①この曲自体が初めてメンバー発信で完成したもの(スタッフさんの協力合って)

②壮大なテーマを一つ決めてそれぞれ歌詞を描いてきたら方向性が全員同じだった

 

上の2点がメンバー自身がグループの足並みが揃ったと思った瞬間らしくて、意外と最近なんだなって思ったし、逆に5周年でこういう機会をもらえて若いうちに意志を固められたのはすごく恵まれてるなぁってつくづく思うわ(゜_゜)その壮大なテーマがなんだったのかは会報では教えてくれなかったけど、考え方によってはバラバラになるテーマだったらしく、自分達はひとりひとり個性がまるで違うと自負しているセクゾさん達は、″これ、まとめるの大変だろうな″と思っていたらしい。

だけど集まってみると言葉や伝え方に個性が表れていただけで方向性は全員一緒だったらしい(ここで「みんなどこかで繋がっているような気がして僕はそれがすごい嬉しかった!」と素直に話すマリウスが大天使)

雑誌でもメンバー全員が、それぞれ書いてきた歌詞を見せ合った時、『SexyZoneって良いグループだなぁって思った』って言っていて、メンバー全員の志が一緒っていうのはファンとしてもすごく安心できるからありがたいなぁって思った(゜_゜)信じてついていけるなぁって 

ちなみにSTAGEの好きなところは、歌いだしが松島くんのところと、歌詞が等身大のSexyZoneを感じられるところ、デビュー曲を意識させてくれる詞になっているところが好きです。

回すんだろこの手でこの″ほし″を🌏✨

www.uta-net.com

 

他にも言いたい事はいろいろあるけど、こんな調子で永遠に書き終わらなさそうだからもう終わる(笑)SexyZoneがアジアのトップになれたって、なれなくったって、結果がどうであれ、こんなにファンに意志を伝えてくれるアイドルを応援しないわけにいかないでしょうって気持ちなんで、どんなイバラ道でもかかってこいよーーーーーー!!!!って感じ!これからまた薔薇の棘がブスブス刺さるかもしれないけど、最強のSexyRose🌹が咲き続ける限り私は応援し続けるぞーーーーーーーー!!!!!って心から誓える年になりそうです。君たちを好きになれて私は幸せです!!!!

 

そんな感じで、改めて5周年おめでとう!!!!!!

5人とみんなの笑顔が咲き続けますように

🌹🌹🌹🌹🌹